NIBの中の人

いろんなモノの輸出入にたずさわるヒトタチの日常と裏側。

いろんなモノの輸出入にたずさわるヒトタチの日常と裏側。

カテゴリ: 他愛もない事

ステッカー作りました。
I Don't Give A Rat's Ass と Big Frog In A Small Pond の2種類。
それぞれの意味は… 各自でGGって下さい笑
DSCN6409

オンラインストアをご利用頂いた方には無料で差し上げてます。
今後もこの手のおふざけステッカーが登場しますのでお楽しみにー。




お客さんからリールが送られてきた。

コスパが良いと評判のカストキング・スパルタカス。
話には聞いていたが実機を触るのは初めてだ。
P_20190612_171957_vHDR_On_HP
『なにコレ どしたの』
『イジり倒したからあげる 使ってみて』
『ふーん…今度試してみる』


で、使ってみた。

え?なんだコレ めっちゃ飛ぶんだけど。( ̄□ ̄;)

本人曰くベアリング、ブレーキ、シャフト、オイルなど可能な限りのチューニングは全部やった、と。

元々5000円でお釣りがくるリールが、ガチチューンとはいえこんなにもカッ飛びでシルキースムースに進化するものなのか⁈

もちろん国産ハイエンドには及ばないけど、チューンのスキルなのか、それとも元が良いのか、某米国メジャーメーカーの中級モデルよりもずっと良い。

うーん…恐るべし中華リール。

チューンネタに一個買ってみようかな。






最近ガチガチの仕事モードで全く余裕がない事に気が付いた。

遊びを提案してる側がこれじゃアカンね。

たまには売り上げに結びつかないお遊びも必要だということで、ラットベイトのステッカーでも作ってみようかと。
P_20190603_135059_vHDR_On
絵心もスキルも、才能と名のつくものは何も持ってないけど、ラフなイメージを伝えるだけでちゃんと形にできるスタッフが居てくれるってめっちゃスゴイことだよね。

P_20190418_153243_vHDR_On_HP

新規ブランドからの荷物の開梱はいつもワクワクする。

開梱前から何が入ってるか分かってる通常の注文荷物とは違い、サンプル品はそのブランドとの取引を左右する先鋒部隊が詰まってるだけにヤル気のエネルギーが満ちてるし、受け取る側もお手並み拝見!といった具合に火花を散らす感じがヒリヒリしてキモチいい。

言うなれば、映画【プライベートライアン】の冒頭23分みたいなもんです。 違うか。

今回は某ロッドブランドの2シリーズ全19本。
サンプル代と送料が無駄にならない事を祈るばかり。

あ、こういうサンプルはメーカーから無料で提供されると思ってる人がいますが、違いますからね。

無料のところも時々ありますが、ほとんどは有償でサンプルを "買って" います。

特にロッドのようなラインナップ物はシリーズを全部試してみないとそのブランドの特徴やコンセプトが見えないし、使用する側が出費という過程を経ないとどうしても見過ごしてしまう事もあるんです。

逆に、無料でサンプル送るよと気軽に言ってくるブランドの製品はイマイチでボツになる事が多い。

今までの経験では、精魂込めて作ったんだから無料では渡せん!とはっきり言ってくるブランドの方が自信がある分、良い物を作ってる気がします。

さて、今回はどうなることやら。



昔からN.I.B.サイトをご覧になっている方ならお分かりだと思いますが、個人的にネズミのルアーが大好きです。

単に大好物とかのレベルではなく、もはや自分にとってのネズミは真冬だろうが何だろうが水面でウネウネさせなくては落ち着かなくなるほどの存在。笑

なので実際に販売しているネズミ以外にも世界中のあらゆるネズミを取り寄せて投げてはコーフンし、またある時は落胆し、を繰り返す日々。

ネズミへの道は一朝一夕では成し得ないのです。知らんけど。
 
そんな中、オランダ・ラッキールアーズのデザイナー、ヤンピーター(通称JP)からメールがピロリン。

『 随分前に聞かれたラットベイト、やっと出来たぜ 』

うっひゃー!いつの間に!? とテンションが上がったのは言うまでもありません。

そういえば何年も前、JPと一緒にタイのリザーバーで釣りをした時にラットベイトを作らないのかと聞いたことがありました。

聞いた本人はそんな事すっかり忘れておりましたが、JPはそれからずっとネズミを研究して開発してくれていたのです。

それがこちら。

53676963_2398789556832482_2417080802459254784_n

3連ジョイントのリップレスラットベイト、ラッキーラットです。

画像では見えませんが、テール側にもう一つジョイントがあり、一般的市場に出回っている、リップでボディを揺さぶるタイプのラットベイトとは大きく違い、ボディ自体の水流効果により本物のネズミが水中を泳ぐようなウネウネとしたキモチ悪いスイミングアクションを発生します。

言うなればラットベイトとトラウト型スイムベイト のいいとこ取りのルアーですね。

そうなれば調子に乗るのはNIBのいつものパターン、オリジナルカラーで塗ってよ!と無理を言って早速試作品を作ってもらいました!

それがこのピンクマジック ←今テキトーに付けた名前ですが笑

53800859_363954314198257_6231789146092863488_n

カラー的にはまだこれから手直しをしてゆきますが、大まかなイメージはこんな感じです。

もう仕事を離れて完全に趣味に走ってます笑

このラッキーラットは、スタンダードカラーも含めてGW前には入荷すると思いますので、今しばらくお待ちください。

さらにさらに。

JPとあれこれ話をしている過程で、昔生産していたマグナムペンシルをリメイクする気ない?と何気なく聞いてみたところ、トントン拍子に話が進み、ラッキールアーズ、NIBトレーディングで共同開発することになりました。

その元になるルアーがこちらのバスタード10"。
53430025_254583148822309_3517474607927918592_n

10インチ・25cmの巨大ペンシルベイトで、強烈なスプラッシュと左右への大きなスライドウォーク、そして大音量捕食音を発する、文字通りのモンスタースティックベイトです。

これを元にモンスターパイクはもちろん、バスやストライパー、シーバスにも効く兵器へと仕上げていく予定です。

さらに実釣テストのため、数々のモンスターシーバスをビッグベイトでキャッチしまくっている某氏にも協力を要請。

なんか楽しくなってきましたよー( ・∇・)

ということでこちらもご期待ください。




物流の仕事で避けられないのが、ミスシッピングによるリスク。

ミスシッピングとは誤出荷のことで、注文した製品とは違うものが届くこと。

国内ならまだしも、海外からの輸入では簡単にメーカーへ返品する訳にもいきません。

しかもミスシッピングで入った物はカラーもサイズも揃っていないため通常では販売し辛く、そのまま倉庫の奥深くで眠ってしまう… というのがほとんどです。

今日、何年かぶりにそんなアイテムを倉庫で見つけました。 リバー2シーのブリングスピナーベイトです。
IMG_1318

このブリングスピナーベイトはFLWプロ、イシュ・モンローがデザインしたモデルで、カリフォルニアデルタに代表されるシャローベジテーションが多いエリアでの使用を前提としています。

特注極薄ブレードがしっかりと水に絡み、大きな水攪拌(ヴォルテックス)を生み出すモデルとして発売後6年がたった今もベストセラーアイテムにランキングされる商品です。

そんなブリングダブルウィローリーフの1/2oz、I Know It カラーのみが端数在庫として出て来ました。

在庫限り、少量ですがアウトレット価格で放出しますので気になる方は是非。

ご注文はこちら →  https://www.nib-t.com/?pid=128802833


↑このページのトップヘ