NIBの中の人

いろんなモノの輸出入にたずさわるヒトタチの日常と裏側。

いろんなモノの輸出入にたずさわるヒトタチの日常と裏側。

2019年04月

P_20190419_114601_vHDR_On_HP
昨日に続き、今日もロッドが着荷。

パウエルロッドのインフェルノです。

ずっと欠品してた大人気のコンポジット6104CBも大量に入ってちょっと嬉しい。

でもその前に怒涛の検品作業が待ってるんだよなー

ルアーと違ってチェック項目が多いロッドの検品作業は別名ローガンのおっさん殺し。

一気に100本とか検品すると、ある意味トランス状態で知らない世界が開けてくるからコワイ😂

週末にはオンラインストアに上げますので今しばらくのお待ちを。


P_20190418_153243_vHDR_On_HP

新規ブランドからの荷物の開梱はいつもワクワクする。

開梱前から何が入ってるか分かってる通常の注文荷物とは違い、サンプル品はそのブランドとの取引を左右する先鋒部隊が詰まってるだけにヤル気のエネルギーが満ちてるし、受け取る側もお手並み拝見!といった具合に火花を散らす感じがヒリヒリしてキモチいい。

言うなれば、映画【プライベートライアン】の冒頭23分みたいなもんです。 違うか。

今回は某ロッドブランドの2シリーズ全19本。
サンプル代と送料が無駄にならない事を祈るばかり。

あ、こういうサンプルはメーカーから無料で提供されると思ってる人がいますが、違いますからね。

無料のところも時々ありますが、ほとんどは有償でサンプルを "買って" います。

特にロッドのようなラインナップ物はシリーズを全部試してみないとそのブランドの特徴やコンセプトが見えないし、使用する側が出費という過程を経ないとどうしても見過ごしてしまう事もあるんです。

逆に、無料でサンプル送るよと気軽に言ってくるブランドの製品はイマイチでボツになる事が多い。

今までの経験では、精魂込めて作ったんだから無料では渡せん!とはっきり言ってくるブランドの方が自信がある分、良い物を作ってる気がします。

さて、今回はどうなることやら。



パウエルロッドの社長、キース・ブライアンは超ロッドオタクです。

あまりのロッド好きが高じてパウエルロッド社を買い取り、伝統のフライロッドそっちのけ(笑)でバスロッド開発に全身全霊を傾けているぐらいですから、相当な筋金入りです。

それにより古くからのパウエルフライロッドファンから相当ディスられておりますが、まあその話はまた別の機会にでもゆっくり。

で、そんなキースは根っからのロッドオタク気質ゆえ、新しいロッドを開発・販売した直後にすぐその製品の改良すべき点を見つけてしまい、頻繁にマイナーチェンジやカタログモデルの入れ替えを施して、それを随時告知してくれないのが最大の難点。

今のところ「改悪」になったモデルはないのでまだ良いのですが、輸入販売する側としては知らない間に仕様変更されていないかいつもハラハラしています。

しかし、そんな傍若無人なキースが、1年以上前からモデルの仕様変更やアップデートを逐次報告してくれるようになり、先日やっとその全容が明らかになりました。

それがこのNew Maxシリーズ。
しばらくランナップから消えていたあの旧Maxシリーズを全面リニューアルして投入してきました。
unnamed
西海岸に於いてパウエルロッドの名を不動のものにしたベストセラー・旧Maxシリーズに採用されていた独自開発のマクサムファイバーブランクを最新技術でさらにブラッシュアップし、フジ製SiCガイド等最新のコンポーネントで武装したパウエルのフラッグシップシリーズ、計16モデルのラインナップです。

USrod.jpにも間もなく入荷します。
ご期待ください。




↑このページのトップヘ