N.I.B.の中の人

いろんなモノの輸出入にたずさわるヒトタチの日常と裏側。

いろんなモノの輸出入にたずさわるヒトタチの日常と裏側。

2018年08月


キャッチングコンセプトから送られてきたPC3のプロトタイプをあれこれテストしてたら、ブルーギル系の立ち浮きポッパーにしたらええんちゃう?と思いつき、ラフ画をデザイナーのハーマンに送ってみた。
39891652_292248981376592_657536557892239360_n
そしたら、おお!すぐに作ってみる!と本人ノリノリ。

ポップ音を出しながらもちゃんと首振りをするポッパーはフラットサイドではけっこう難易度が高いけど、ハーマンならやってくれるはず。

サンプルが上がってくるのが楽しみです。


通販でロッドを購入する際、心配事の一つは配送時の破
損です。
 
ワクワクしながら待ってたのに、手元に届いた荷物が哀れな姿でテンションがダダ落ちだった経験をされた方も少なくないでしょう。

 一般的に国内通販で使用されるロッド梱包材には、ロッドメーカー制作の簡易梱包材か、ホームセンターで販売しているボイド菅が使用されています。

 市販のボイド菅は見た目はしっかりしていますが、元々梱包資材ではないので横からの力には弱く、100mm径程度の菅では結構簡単に折れてしまうのが難点です。

 事実、過去にはUSrod.jpでも市販ボイド菅を使用して折損に泣かされたことが何度もあります。

 そんな、お互いにとって悲しい思いをなくすため、USrod.jpでは特注のロッド配送専用梱包材を制作し、配送に使用しています。

 市販ボイド菅の約二倍の厚さの素材を採用した特製紙菅と、同じく極厚ダンボール採用の特注幅広三角ケースです
20615870_1432189026863311_5256117363382286374_o
ご注文の内容、配送状況によってこれらを使い分け、配送地域によってはこれらをさらに補強して使用しています

 以前は月に1〜2件の輸送事故が発生していましたが、この梱包資材に変えてからは事故発生率ゼロ。

 ロッドの日本国内再検品だけでなく、お届けまでのワクワクを損なわないのも、我々USrod.jpの品質だと考えています。

↑このページのトップヘ