これまでの経緯はコチラ  
中華の勇者
中華の勇者 その2

既に遠心ブレーキは取り払ってしまったので、全然効かないマグブレーキのみとなったスパルタカス。

注文した強力マグネットが届いたので組み込んでみた。
P_20190628_173815
結論から言うとかなりスムースになりました。

遠心ブレーキのイヤな摩擦音もなく、3/4ozのローバーがストレス無く飛んでいきます。

力まなくても余裕で50mは飛ばせます。

ただブレーキの効きはMAXでもまだまだ弱いのでメカニカルブレーキの小まめな調整を要し、国産リールのバックラッシュフリー感覚に慣れてるアングラーはちょっと手こずるかも。

逆に遠心ブレーキの丸型アンバサダーのブレーキ感に慣れてる人には、最後のひと伸びでオォォ〜となるはず。

でも正直なところ、マグを調整してのチューンはおそらくこれが限界かな、という感じ

大枚叩いたのに ( と言っても2,500円だけど ) その価格に見合う進化をしてくれないところがやっぱりね、の中華リール。

厳密にはマグネットの相性とかもあるんだろうけど、それを検証するモチベーションがありません。笑

あとはベアリング、それに伴うオイルチューン、シャフト研磨をする予定ですが、実用だったらそこまでしなくてももうこの時点で十分使えます。 

むしろ価格以上のパフォーマンスを発揮してるので、あれこれやるのが面倒な人はブレーキをいじるだけで「イイじゃん!」な結果が得られるでしょう。

ということでまた報告します。