NIBの中の人

釣具の輸入にたずさわるヒトタチの日常と裏側。

釣具の輸入にたずさわるヒトタチの日常と裏側。

P_20180613_090447_vHDR_Auto
西海岸スイムベイトシーンの定番とも言える22nd Century Swimbaits Co.のトリプルトラウト。
入れ替わりの激しい米国ルアー業界において確固たる地位を築いたスイムベイトの一つです。

その無骨な作りとペイントゆえ日本人にはあまり人気がありませんが、数々のモンスターの実績がこのルアーの凄さを物語っています。

このルアーの最大の特徴は、今のトレンドからは外れていると言ってもいい素人工作的な仕上がりが生む ”不自然な泳ぎ” 。

我々アングラーは、ルアーを選ぶ際にスイミングアクションの良し悪し、つまり人間の目で見て魚っぽいかどうかで判断することが多いのは皆さんご存知の通りです。

しかしこのトリプルトラウトはそういう観点だけで見ると、使えないルアーの部類に入ってしまいます。

つまり泳ぎがカクカクしていて、ちっとも魚っぽくないんです。

しかし、この全然ナチュラルっぽくないカクカクアクションこそが、このルアーがモンスターバスターと呼ばれる所以。

既に持ってる方は、そのキモにもうお気付きですよね。

「キモ」のヒントは、テール部セクションの "長さ" です

気になる方は是非ゲットして使ってみてください。

最初の一本ならば7インチがおすすめ。 絶対に損はしませんから.

ちなみにウチでは扱っておりませんので悪しからず。

nibsite_link02

34909182_2209911159038766_7070279676962275328_o

久々にジョニーラットのマシューからメッセージがピロリ
ン♪

新製品だの新カラーだのとあれこれ近況を話してるうちに、マットも自分と同じ病を患っていることが判明。

なんだ戦友じゃん!と、仕事とは違う話題で盛り上がってしまった。

なんか励みになるね、同じ境遇の人がいると。


nibsite_link02

29177125_1816286405112384_3159550239845646336_n
アーロンマーテンス監修のスクラウンジャージグ、Suijin / 水神がいよいよ入荷します。

このジグの最大の特徴は、同じヘッドウェイトでも複数のリップサイズの設定があり、かつ好みによってリップを付け替えることが可能なこと。

現場でリップを交換する事はないにせよ、そんなにも泳ぎが変わるものなのか?しかもそれがちゃんと分かるのか?と思いましたが、実際に使用したアングラーの意見を聞くと、劇的に違うんだぜ!との事。

通常はサンプルでテストしたものしか発注しないのですが、今回は検証なしなので、いろんな意味で到着が待ち遠しいです。




なんだかんだで一ヶ月も更新してませんでしたが、色々進めてます。

今日紹介するのはマットルアーズの新製品。
スクリーンショット 2018-06-02 10.21.32
これ、画質が悪いわけじゃありません。
意図的にノイズを入れてます。
まだ本国アメリカでもその存在すら明かされていないので詳細な写真を挙げられないんです。
イヤらしい画でスミマセン。

紹介と言いつつも詳しくは話せないのがもどかしいのですが
形状からお分かりの通りシャッドシェイプのスイムベイトです。

とは言え、ただのシャッドベイトではありません。
米国市場にはない、日本専用のスペシャルオーダーモデルを投入します。

詳細は近日公開しますのでお楽しみに。


nibsite_link02

P_20180420_092749
私事ですが、しばらく入院してました。
病室の窓からは製品テストで使ってるいつもの池が一望できるナイスビュー。

する事ないのでずっと池を眺めてると、ある事に気づきました。

同じポイントに入れ替わり立ち替わりで沢山のアングラーが入るのが見えるんですが(つまり定点観測)、ほぼ全員に共通してたのは、みんなスピニングのソフトベイト系スタイルだった事。

みんなスピニングでロッドを立てたシェイク系の動作ばっかり。 
リールをグリグリしてる人はほとんどいませんでした。

大都市近郊の激スレタフウォーターだから仕方ないのかもしれませんが、こういうところで一か八かのストロングスタイルをやるとでっかいのが遊んでくれるのになぁなんて思いながら眺めてました。

事実、この池でそれなりのサイズを釣ったルアーを聞くと、スピナーベイト、スイムベイト 、ビッグクランクなどなど、みんな巻き物ばっかり。

激タフレイクの狡猾モンスターを小さなルアーで欺くのもイイんですが、時にはモンスターだけに絞ったブオーン!ザッパーン!ガツーン!バシャバシャー!な派手なスタイルが火を吹くこともある事をお忘れなく。

nibsite_link02


動画撮影&編集しました。
久しくやってなかったので編集ソフトの使い方を忘れてしまった。
という事でアップトンズモンスター、販売開始です。
https://www.nib-t.com/?pid=115165133

 

もう数日前の話ですが、無事にアングラーズマーケット2018終了しました。
ブースにお越しくださいました皆さま、ありがとうございました。
29792512_2176517809243073_5338929845953111708_n

元々は自分の要らんもんを捌くつもりでの出展申し込みでしたが、直前にブース増設の要請があり、竹さんのヘルプもいただいて結局サベージ & NIB & ヲタ物で出展するというケイオスな展開に。

でも久しぶりに全国のイっちゃってる方々とのヘンタイ話で楽しい時間が過ごせました。
やっぱり狂ったヒトタチとの会話は楽しいですね。

姫路からわざわざサポートに駆けつけてくれた竹さんにもスーパー大感謝です。
ありがとうございました。


アングラーズマーケットの什器搬入完了。
明日はサベージギアとN.I.B.とUSロッドの合同展示です。

IMG_1568

今一番したいことはひたすら爆睡!w




 

今朝の荷物でマットルアーズから期待の新作、ハマーテイルトラウトが入りました。
DSCN4562
これはかのジェリー・ラゴがパテント所有しているワギングテール、いわゆるハドルテールを、ラゴの承認の下で装備した由緒正しき血統のスイムベイト。

ハドルストンもラゴのパテントを使用していますが、ハドルストンとの決定的な違いは、デッドスローでのテールレスポンス。

マットルアーズのマット・サーバントはジェリー・ラゴと旧知の仲で、ラゴから直々にあのテールのパテント使ってもイイよと言われていたにも関わらず長い間ハドルテールを採用していませんでした。

何故ならば、オリジナルのままではデッドスローでのテールの振り幅に不満があったのです。

その不満を解消すべく、何年ものテストを経てリリースされたのがこのハマーテイルトラウトなのです。

サイズは10インチ、フローティングウェイカーとスローシンキングの2タイプがラインナップ。

来週にもウェブストアにアップしますが、明後日の4月1日に名古屋で開催されるアングラーズマーケットでも少量のみ販売しますので待てない方はそちらへどうぞ。





DSC_0167
今日はスタッフ全員が在宅勤務日なので、オキニのコーヒーを連れて花見読書。

緑の多い大学キャンパスでゆったりと本が読めるって贅沢だなー。

去年は何かと激動の年だっただけに、何も邪魔されないこういう時間はホント嬉しい。

心身ともにリラックスできる事がどれほどシアワセな事か。

今日はもう仕事戻りたくない笑

DSC_0161
あ、薄墨桜は今日がピークでした。




↑このページのトップヘ