NIBの中の人

釣具の輸入にたずさわるヒトタチの日常と裏側。

釣具の輸入にたずさわるヒトタチの日常と裏側。

P_20181008_102857_vHDR_Auto
今日は動画撮影日。
台風で出来なかった分を一気に撮らなきゃならん。
すでに暑いから気持ち的にはルアーよりも自分を泳がせたいんですが。



ありとあらゆるメーカーのロッドを触っていると、一体何を基準に評価するのかが分からなくなる時があります。

このロッドはどんな状況に向いているのか、どんなルアーなのか、どんなラインなのか、などなど、考え出したらキリがないんですが、そのロッドが世に放たれた以上は必ずどハマりのセッティングが存在するのです。

バーサタイルというマジックワードを使えばなんでも表現できますが、その言葉では、”あーこれこれ!この感覚なんだよなぁ”というピンポイントの微妙なフィーリングは絶対に見つけられないし、伝えられない。

ロッドは手の延長、感覚器ゆえ、理論上では理解できても実際に触るまで分からないことの方が圧倒的に多いのです。

しかし投げれば投げるほど正解を見失ってしまいがちなのもロッドの世界。笑

そんな時、自分の感覚をニュートラルに戻してくれるのが、基準となるロッドの存在。
P_20181005_172431_vHDR_Auto
野池のトップウォーターならコレ、ディープのラバージグならコレ、などそれぞれ決めたロッドを標準として、そのロッドと比べてどう違うかを選択やアドバイスの基準にしています。

あなたには基準となるロッドがありますか?
これを意識するだけで、ロッド選びがスムーズになるだけでなく、魚のバレも減らせて、結果的に楽しい思いができるようになりますよ。


キャッチングコンセプトから送られてきたPC3のプロトタイプをあれこれテストしてたら、ブルーギル系の立ち浮きポッパーにしたらええんちゃう?と思いつき、ラフ画をデザイナーのハーマンに送ってみた。
39891652_292248981376592_657536557892239360_n
そしたら、おお!すぐに作ってみる!と本人ノリノリ。

ポップ音を出しながらもちゃんと首振りをするポッパーはフラットサイドではけっこう難易度が高いけど、ハーマンならやってくれるはず。

サンプルが上がってくるのが楽しみです。


通販でロッドを購入する際、心配事の一つは配送時の破
損です。
 
ワクワクしながら待ってたのに、手元に届いた荷物が哀れな姿でテンションがダダ落ちだった経験をされた方も少なくないでしょう。

 一般的に国内通販で使用されるロッド梱包材には、ロッドメーカー制作の簡易梱包材か、ホームセンターで販売しているボイド菅が使用されています。

 市販のボイド菅は見た目はしっかりしていますが、元々梱包資材ではないので横からの力には弱く、100mm径程度の菅では結構簡単に折れてしまうのが難点です。

 事実、過去にはUSrod.jpでも市販ボイド菅を使用して折損に泣かされたことが何度もあります。

 そんな、お互いにとって悲しい思いをなくすため、USrod.jpでは特注のロッド配送専用梱包材を制作し、配送に使用しています。

 市販ボイド菅の約二倍の厚さの素材を採用した特製紙菅と、同じく極厚ダンボール採用の特注幅広三角ケースです
20615870_1432189026863311_5256117363382286374_o
ご注文の内容、配送状況によってこれらを使い分け、配送地域によってはこれらをさらに補強して使用しています

 以前は月に1〜2件の輸送事故が発生していましたが、この梱包資材に変えてからは事故発生率ゼロ。

 ロッドの日本国内再検品だけでなく、お届けまでのワクワクを損なわないのも、我々USrod.jpの品質だと考えています。

毎年この時期になると聞こえて来るカリフォルニアの山火事、ワイルドファイヤー。

異常な高気温+乾燥した空気ゆえ、一旦発火してしまうとファイヤーネード(Firenado/炎の竜巻)が発生して街を丸ごと焼き尽くすなど、その破壊力は日本の山火事の比ではありません。

特に今年はキャッチングコンセプトのファクトリーから近いレディング市で大規模な被害が出ているとの報道。
スクリーンショット 2018-07-29 20.47.08
心配になってオーナーのハーマンに安否確認連絡をしたところ、ここは大丈夫だが、お前がいつも泊まってるモーターインはもう焼けてしまったぞ、と。

世界中で観測されている異常高温だけでなく西日本に甚大な被害をもたらした豪雨など、カタストロフィは映画の中ではなくどんどん現実のものになってきています。

被害に遭われた方が一刻も早く普段の生活に戻れるように祈るばかりです。


また警察のご厄介になりました。
ウソです。

久しぶりに浮きました。
世界にその名を轟かす琵琶湖迷ガイド・梅氏の案内で、短いながらもウルトラ楽しい時間を過ごせました。
P_20180718_105739
やっぱりPCに向かってばかりじゃダメですね。
おっさんは遊んでナンボです。


2017年3月
バス釣りシーズンイラスト描き下ろしスタート。
段々と成長していく彼女をどうぞ見守ってください。


FB_top_1703_1

やたらルアーを買ってしまう、春が待ち遠しい時期。
春バス用にはスピナーベイト?妄想が膨らみます。
FB_top_1703_2

ナマズがかかるとヌルヌルして最悪!!
イラストは、ぷりっと可愛いナマズです。
FB_top_1703


2017年4月
そうそう釣果が上がらない時もあります。試行錯誤で次こそ!
FB_top_1704_1

ついに!初バスゲット~!!
初めてバスを持つ、ぎこちなさと達成感!!
FB_top_1704

2017年5月
初バスを釣った事で、どんどんはまっていく様を描いた1枚。
色々調べるほどに欲しい物は増えていきます。
FB_top_1705

2017年6月
梅雨には梅雨の楽しみ!
完全防備で活性の上がったバスに挑みます!

FB_top_1706

経験値が上がってきて、やってみたい事も沢山。
イメトレはバッチリ!パンチングうまく出来るかな!

FB_top_1707

今日はやたらとカエルばかり・・・な日。
フックが外せないから暴れないでー・・・!
FB_top_1708

人気の鳥獣戯画図モチーフの1枚。
月のウサギも釣りに夢中。風流ですねぇ。
FB_top_1709

今回はボートでがっつり釣るぞ!
同時に女子力UPもできるかもしれない、バスフィッシング。
FB_top_1710

帰りたいけど、もう少しいたら釣れるかも・・・冬場の葛藤。
そんな様子を実はバスたちに見られているかも?
FB_top_1711_1

2018年1月
こたつにみかん、寒いとなかなか腰が上がらない時も。
そんな時でも動画を観てテンションだけは上がる!
FB_top_1801

春!スポーニングの時期。
陽気もよくなって良いシーズン!ただ、ふと我が身を思うと何だか切ない。
FB_top_1803

春なのに、夏のような気温の日が増えてきて、水陸両方ぐったり。
水分補給は絶対ですね。
FB_top_1805

待ちに待った梅雨明け!
ルアーチューンもバッチリ!準備万端で挑みます!
FB_top_1807

体力消耗する季節。鍛えてモンスターに出遭う日に備える!
FB_top_1806_2

夏の夜釣り・・・
たまに立つ鳥肌は、気のせいなのか、気のせいではないのか。
FB_top_1808

P_20180613_090447_vHDR_Auto
西海岸スイムベイトシーンの定番とも言える22nd Century Swimbaits Co.のトリプルトラウト。
入れ替わりの激しい米国ルアー業界において確固たる地位を築いたスイムベイトの一つです。

その無骨な作りとペイントゆえ日本人にはあまり人気がありませんが、数々のモンスターの実績がこのルアーの凄さを物語っています。

このルアーの最大の特徴は、今のトレンドからは外れていると言ってもいい素人工作的な仕上がりが生む ”不自然な泳ぎ” 。

我々アングラーは、ルアーを選ぶ際にスイミングアクションの良し悪し、つまり人間の目で見て魚っぽいかどうかで判断することが多いのは皆さんご存知の通りです。

しかしこのトリプルトラウトはそういう観点だけで見ると、使えないルアーの部類に入ってしまいます。

つまり泳ぎがカクカクしていて、ちっとも魚っぽくないんです。

しかし、この全然ナチュラルっぽくないカクカクアクションこそが、このルアーがモンスターバスターと呼ばれる所以。

既に持ってる方は、そのキモにもうお気付きですよね。

「キモ」のヒントは、テール部セクションの "長さ" です

気になる方は是非ゲットして使ってみてください。

最初の一本ならば7インチがおすすめ。 絶対に損はしませんから.

ちなみにウチでは扱っておりませんので悪しからず。

nibsite_link02

34909182_2209911159038766_7070279676962275328_o

久々にジョニーラットのマシューからメッセージがピロリ
ン♪

新製品だの新カラーだのとあれこれ近況を話してるうちに、マットも自分と同じ病を患っていることが判明。

なんだ戦友じゃん!と、仕事とは違う話題で盛り上がってしまった。

なんか励みになるね、同じ境遇の人がいると。


nibsite_link02

29177125_1816286405112384_3159550239845646336_n
アーロンマーテンス監修のスクラウンジャージグ、Suijin / 水神がいよいよ入荷します。

このジグの最大の特徴は、同じヘッドウェイトでも複数のリップサイズの設定があり、かつ好みによってリップを付け替えることが可能なこと。

現場でリップを交換する事はないにせよ、そんなにも泳ぎが変わるものなのか?しかもそれがちゃんと分かるのか?と思いましたが、実際に使用したアングラーの意見を聞くと、劇的に違うんだぜ!との事。

通常はサンプルでテストしたものしか発注しないのですが、今回は検証なしなので、いろんな意味で到着が待ち遠しいです。




↑このページのトップヘ